ローンの歴史と変遷「高金利時代のローンと現在のカードローン」

カードローンにマイナスイメージを植え付けた高金利時代

最近ではカードローンは一般に広く浸透しています。

気軽にお金を借りて返す。そんなことを普通にしている人もいるでしょう。

しかし、その一方で、ローンという言葉には悪いイメージが深く根付いています。
これは、かつて金融業界に蔓延していた高金利が強く影響しています。

バブル時代、急激に成長する日本経済の中で、お金は湯水のように使われていました。このころの社会での金銭感覚は現在と異なり、ローンにおける金利は法外な高さとなっていました。これはバブル崩壊のあとも残り続け、カードローンという言葉にマイナスイメージを植え付けることとなりました。

グレー金利が使われた時代から現代へ

かつての日本では、ローンに悪いイメージがあっても当然な現実がありました。

グレー金利という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これは昔の上限金利ギリギリまで引き上げられた金利を意味します。
当時の法律上、グレー金利は一応は合法です。ギリギリのところで合法ではありましたが、これは実は恐ろしい金利でした。合法でありながら、実際に支払える金額だったかどうか大きく疑問視されるような金利。それがグレー金利でした。

また、金融業界に蔓延する問題は、金利の他にもありました。審査のおそろしい「ゆるさ」です。

最近では銀行のローン審査は厳しいのが常識です。しかし、その銀行も、かつては大変「ゆるい」審査で貸し出しを行っていたという事実があります。

簡単なローン審査でお金をばらまき、高い金利で利益を得る。経済成長が盛んだった時代、人々は「ゆるい」審査と高金利でローンを組み、金融業界はその金利で高い利益を上げていました。

バブル時代、日本の社会・企業・人々の金銭感覚は大きく狂い、麻痺していました。

しかし経済が不況の時代に入ると、状況が変わります。

不況の影響を受け、経済は傾き収入は減り、ローンの返済ができない人々が増加しました。これは金融業界にも痛手を与えます。

経済の悪化は、結果的に金融業界にメスを入れることとなりました。

金利の大幅な改定・総量規制の制定・審査の厳格化。法律は変わり、それが今現在のローンを生み出すこととなったのです。

昔とは大きく異なる現代のローン

上記のような経緯をたどり、現在のカードローンは誕生しました。

今も金融業は大きな見直しが行われています。大手企業のローンでは法外な金利などの条件は減っています。

カードローンは生活に使いやすい商品として見直され、提供されるようになりました。

今でもローンの利用に抵抗のある人はいるでしょう。しかし、どうしても必要なお金が足りないことが起きるかもしれません。そんなときは、改善されたカードローンを利用することを考えてみてはいかがでしょうか。

一般的なローンとカードローンの大きな違い、限定されない用途で自由に活用!

用途が限定されたローン

人生において大きな買い物の代表といえば、やはりマイホームの購入です。

思い付きで買い替えたり出来ない、とても高額な買い物です。
他に自動車の購入を思い浮かべる人もいるかもしれません。

お子さんがいる方には、お子さんの夢を叶えるための学費等もひとつの大きな買い物と言えるかもしれません。

これらを代表とする高額な買い物はローンで購入することが一般的です。

特定の高額商品等を購入するために設けられたローンが、一般的な「ローン」と呼ばれるものです。

マイホームローン、自動車購入ローン等、名前は様々ありますが、購入する対象品がローンの名前についていることがほとんどです。

それらのローンは、名前の通り、その対象品を購入すること以外に使う事は出来ません。

ブランド品が購入したい、旅行に行きたい、お財布がピンチだ、と言ってもそのために利用することは出来ません。

用途が限定されないローン

最近人気のカードローンは、前述のローンと違ってその用途が限定されません。

申し込み時に用途を明示する必要はありません。
用途が決まっていなくても構わないのです。

審査を通過した後に決定する融資可能額の枠内であれば、何に使用しても良いのがカードローンの特徴です。

車の購入に充てても良いですし、子供の学費、急な出費の時など、自分の都合で利用することが出来ます。

なので、すぐに利用する予定がなくても、何か困った時のために申し込んでおく人もいます。まさかの時の保険のような役割です。もちろんローンなので利用すれば金利がかかります。

あくまでも借り入れなので、自由に使えるとは言っても利用方法を間違えないようにしなくてはなりません。

例えばギャンブルや他の借り入れの返済に充てるといったことです。

それでは本来のローンの意味を成しませんので、借りているという大前提を忘れないことが重要です。

カードローンを上手に活用する

一般的なローンはその利用方法が限定されますので金利などメリットがある点もあります。しかし、用途が限定されないというカードローンはとても魅力的です。

各金融機関もカードローンに力をいれており、主力商品となることは自然の流れといえます。

ただ、用途が自由なだけにそれを上手に活用できるかどうかは利用者に委ねられます。
金利や限度額、メリットとデメリットを考慮し、必要性に応じて使わなければなりません。

後で無駄遣いをしてしまったと後悔しないような使い方を考えたいものです。

カードローンの自動融資制度を有効にご利用ください。

公共料金の支払いは口座引き落としが一般的です。

公共料金の支払いは、普通預金口座からの口座引き落としにされている方がほとんどだと思われます。公共料金はそれぞれの支払い期日等が少しずつ異なっており、一件一件個別に専用の振込用紙を用いて行うのは、時間も手間もかかりとても面倒です。

その点、預金口座からの口座引き落としであれば、いったん手続きをしてしまえば、あとは毎月自動的に口座から引き落とされるわけで、自分からは何一つする必要ないため、忙しい現代人にはとても有難いシステムであります。

このように便利な口座引き落としですが、一つ注意すべき点は、常に口座の残高を把握しておかなければならないということです。
公共料金をはじめ複数の支払いをまとめて、一つの預金口座からの引き落としで行っている場合、なんらかの理由により、通常よりも多い金額の支払いが発生すると、残高不足で引き落としが出来ないという事態も起こりえます。

残高が自分が思っていた金額よりも少なかったり、あるいは通常の月よりも少し支払い金額が多かった、ということを経験したことある方は多いに違いありません。このように支払うべき金額よりも残高が一円でも少なかった場合、引き落としは不可能になります。

そのため自分では気が付かないまま、電気やガスなどの供給が一時的にストップされるという由々しき事態に陥ってしまう可能性もないとはいえません。

カードローンには自動融資機能があります。

カードローンのオプショナル機能の一つとして、自動融資機能があります。これは預金口座の残高不足により、公共料金などの支払いを引き落とすことができないような場合に、自動的に不足分を融資するという仕組みです。

この機能を設定しておきさえすれば、万が一の残高不足に備えることが出来て、引き落とし不可から生じる面倒な事態を事前に防ぐことが出来ます。むろん、もうすでにカードローンの限度額ぎりぎりまで貸付が行われている場合には、自動融資を行うことは出来ませんが、それ以外の場合には、思いがけない不測の事態に備えることの出来る便利な機能であるといえます。

ただ一つ留意しなければならない点は、いったんこの機能を設定した場合、設定を再び変更しない限り、自動融資がずっと継続される形になるので、この機能をこれ以上使う必要がなくなった場合には、このオプション機能を停止する必要があります。

使用していないカードローンを有効に使うために

自動融資をあまり頻繁に使いすぎるのも利子の点から考えると考え物ですが、せっかくカードローンを持っているのに使っていない状態にあるのでしたら、この自動融資というオプション機能を、万が一の事態に備える安全装置として活用することをお勧めします。

設定の切り替えなどもオンラインで済ませることができますので、大変便利です。

自動融資オプションは、普段カードローンの貸付を利用していない方にこそお勧めです。
>> おすすめカードローン一覧

アコムのキャッシングローンの申し込み方法はたくさんで利用し易い!

アコムなどの消費者金融は有名人を使ったCMや広告などで知名度も上がり、だいぶ親近感は湧き易くなりましたが、初めて利用する人にとっては未知の世界で怖いイメージもあり、やはり申し込みの敷居は高いと言えます。

様々な消費者金融では、この初めての人の利用の壁をなくそうと色々と試みています。

新しいメディアが誕生するたびに、アコムではそれに早急に対応させ、たくさんの人が使い易い方法を自分で選び利用できるよう努力しています。

そのため、必ず自分に合った融資の申し込み方法が見つかるはずですから、戸惑わず利用してみることをおすすめします。

最も基本的で以前からあるものが店舗の窓口での申し込みです。

この方法は慣れていないとなかなか勇気が要るもので、対人が困る方には店舗に無人契約機もありますから、人に会う事なく申し込みをすることも可能です。

窓口でも無人契約機でも、かかる時間はほぼ同じで、審査に何の問題もなければ最速では審査からカード発行まで30分程で完了出来る場合もあります。

店舗が近くにない場合や店舗はやっぱり不安な方などには、郵送での申し込みも可能です。

郵送後、審査を行い結果は電話でかかってきますが、個人名でかけてくれるためアコムということは他の人には分からないようにしてくれます。

郵送の場合少し時間がかかるため、急ぎの場合は電話での申し込みも可能です。

電話で簡単な審査を行い、書類を送りカードの発行となります。

そして、インターネットからの申し込みはとても利用者が多く、比較的誰でも利用し易い方法ではないでしょうか。

パソコンはもちろん、携帯やスマートフォンからも簡単に利用する事ができます。

申し込み手続きをし、書類をアップロードやFAX、郵送などで送り審査を受けると、その結果はメールで送られてきます。

電話でのやり取りも人とのやり取りも一切ありませんから、初めての人や対人が苦手な方はとても利用し易いと思います。

このように、消費者金融も近年とても利用し易くなっています。

今までは、申し込み用紙を店舗に取りに行かねばならず躊躇していた方もたくさんいると思います。

しかし、最近ではダウンロードやコンビニでのサービスなど、一切店舗に足を運ばなくとも利用出来る方法が増えました。

本当に昔に比べると、敷居は低くなったと言えるでしょう。

利用し易くなったからといっても、計画的な利用を心がけなければならない事はしっかり心に留めておきましょう。